Entry Navigation

緊縛&アナルフィストとアナル拡張のやり方

アナルフィスト_20100703_01

アナル拡張って、どうやってするんですか?」
ある方からそんな質問を頂きました。

僕の場合、とにかく肛門に色んなものを入れたい、お尻の穴を限界まで拡張したいというどうしようもない欲求に突き動かされ、我流でアナル挿入&拡張をしてきました。

もちろん、集められる情報には目を通し、自分の経験や判断を繰り返しながら危険を回避してきましたが、医学的に正しいかどうかはわかりません。

それを前提とし、僕の経験を情報の一つとして参考にしてもらえたらと思います。

アナルフィスト_20100703_02

アナル拡張の時、一番大切なことは「気持ちいい範囲(エロい気持ちでいられる範囲)でゆっくりと慣らしていくこと」です。

エロな気持ちがないと、痛みや不安で体が緊張し、無意識にアナルが収縮してしまいます。
この収縮が一番良くないこと。
意識して力を抜こうとしても上手くいきません。

この状態で拡張しようとすれば、さらに収縮は酷くなり、肛門を傷つけてしまうことになります。
もちろん体に良くないし、本番の時に痛みや不安の記憶が蘇って緊張してしまうため、楽しむ(気持ち良く感じる)どころではなくなってしまいます。

アナルフィスト_20100703_03

グッズややり方は、乱暴に言えば何でもいいです。
自分が好きなモノ、好きなやり方でやればいい。
エッチな気分になれて、気持ちいいと感じられるように自分で工夫すること。
それは、人によって性感が千差万別だから。

ただし、アナルを傷つけるものや取り出せなくなる可能性のあるものは絶対に避けること。
ガラス製品なんて絶対に駄目。
中で割れたり、取り出せなくなって病院に担ぎ込まれ、手術の末に人工肛門にせざるを得なくなったり、もっと酷い状況になってしまった実例が医学界で幾つも報告されています。

アナルフィスト_20100703_04

もう一つ大切なのが、拡張する前に浣腸で大腸の中を綺麗にすること。

拡張やアナルセックスしている時に汚いものが出てきてしまうと、エロな気持ちが冷めてしまい楽しめません。(スカトロ好きな方は違うかもしれませんが)

何より、汚いものが出てくるかもしれない不安を抱えたまま行うと、先ほど書いたようにアナルが収縮してしまい良くありません。
便意が全く無くなるまで始めないことが大切。

浣腸すること自体、肛門をほぐしてくれる拡張の準備運動のような効果もあります。

アナルフィスト_20100703_05

僕は、浣腸する時に浣腸液は使いません。
浣腸液を使用すると、腸が刺激されるためにいつまでも便意が収まらないから。
使用するのはその便意自体を楽しむ時だけです。

僕はいつもシャワーを使って浣腸します。
シャワーヘッドを外し、肛門に押しつけてある程度お湯を入れてすぐに出す。
そして、入れたり出したり20回くらい繰り返す。
綺麗なお湯しか出ず、便意も全くなくなったら終了。

浣腸する時のコツは、お湯を入れ過ぎないこと。
奥までたくさん入れてしまうと、いつまでもチョロチョロと汚れた水が出て、なかなか行為に移れません。
加減は説明が難しいので、経験しながら体得するしかないですね。

アナルフィスト_20100703_06

繰り返しになりますが、大切なのは気持ちいい(痛くない)範囲でゆっくりと慣らしていくのがいいと思います。
使うグッズが楽に入るなと思ったら、もう少し太いモノに挑戦してください。

なお、長時間入れっぱなしにするのはやめた方がいいです。
アナルを痛めたり、本当に緩めてしまいかねません。
アナルを緩くする(弱くする)のではなく、柔軟にする(強くする)というイメージです。

アナルプレイにより、みなさんのセックスライフがより充実することを願っています(^-^)


【追伸】
一つ書き忘れてました。
拡張の時は、必ずローションを使ってください。
ケチらずたっぷりと。
途中でも滑りが悪くなったら追加してください。
ローションにはたくさん種類があるのでお好みで。

アナルフィスト_20100703_08


何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX

にほんブログ村 ファッションブログ メンズ下着へ にほんブログ村 大人の生活ブログ フェチへ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクマイ・嗜好情報へ


関連記事
category
SM