Entry Navigation

双頭ディルドで・・

肛門愛好(アナルフェチ) ~その2(8)

セルフアナルフィストをよくやっていた頃、とても興奮する行為がもう一つあった。
それは、太さ4cm、長さ45cmの双頭ディルドをアナルから奥深くまで挿入するという行為。

通常、アナルに挿入したディルドは直腸の突き当たりまでしか入らない。
直腸からS状結腸にかけては折れ曲がったように繋がってるから。
でも、ディルドが柔らかく、体勢や入れ方を工夫するとグリュッって感覚がしてS状結腸に入っていく。
感覚しか頼るものがないので、無理をしないようにゆっくりと。

 <参考> 結腸 - Wikipedia

S状結腸を抜けた後は少し楽になるものの、太さが4cmもあるので慎重に奥へ進める・・
そして、ついには下行結腸の上端(左あばら骨のすぐ下)にまで達し、ディルドはほぼ全体が収まった状態になる。

アナルから少しだけ出ている部分を持って、はじめはゆっくりと出し入れする。
アナルだけじゃなく、直腸S状結腸、そして下行結腸に至る全体の内壁を太いディルドがズルズルと擦り上げ、たっぷりと注入したローションがグチュグチュと音を立てる。

 <参考商品>
 Jrダブル(L)
 アダルトグッズ通販 ワンナイトヘブン

 双頭ディルド

慣れてくると、出し入れするスピードを速くしてシゴく。
ディルドの先の太い部分が皮膚を盛り上げるので、動いているのがお腹の外側からでもわかる。
それを見てまた興奮する。

そんな行為に満足すると、ディルドをいったん抜いて二つ折りにしてまたアナルにねじ込む。
二本差し状態の拡張感が脳を刺激してさらに濡れる。
竿の先端から滲み出た粘液は、床まで糸を引き、溜まりを作っている。

その頃にはもう脳内射精してしまってる。

リアルな射精はいらない・・・


<注意!>
非常に危険な行為の可能性があります。
真似しないでください。



何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓

sindbadbookmarks.com GIX
にほんブログ村 ファッションブログ メンズ下着へ にほんブログ村 大人の生活ブログ フェチへ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクマイ・嗜好情報へ
category
性の嗜好

肛門愛好(アナルフェチ) ~その2

肛門愛好(アナルフェチ) ~その2(1)

肛門愛好(アナルフェチ) ~その1」の続き。

何かのきっかけで自分の拳をアナルに入れたくなって行動に移した。

実際にやってみて・・
「こんなの絶対に無理だ!」
そう思った。

半ば諦めの気持ちになったけど、アナルへの欲求は止まることがなく、相変わらずいろんな行為に耽っていた。

クスコで開いたり、紐を付けたフックを2つ挿入して左右に広げて固定してみたり・・
少しずつ経が大きい円筒形のものを入れて拡張していった。

それでも、アナルフィストなんて本当に出来るんだろうか?と思ってしまうくらいにその道のりは遠く感じられた。
拡張できている実感も無いまま・・

肛門愛好(アナルフェチ) ~その2(2)

そんな状態がどれくらい続いただろう・・
たぶん数ヶ月くらい経った時、初めて感触があった。
「ひょっとして入るかも・・」

入れるにはコツがあった。
そのやり方は人それぞれだと思うけど、自分なりのコツを少しずつ掴んでいった。

押し込みながら小刻みに括約筋を締めたり緩めたり、捻ったり、手首を曲げてみたり、深呼吸したり・・

そんなある日・・
あっ、入りそう!という感触があった。
ついにその時が訪れた。

今まで感じたことがないくらいの興奮が襲ってきた。

「あー、はいるぅ!!・・」

手首まで収まった。
頭が真っ白になった。
そのまま興奮と官能に浸ることしかできなかった。

「入ってる!はいってるぅぅ!!」

そう、うわごとのように呟いていた。

肛門愛好(アナルフェチ) ~その2(3)

続きの画像は、下の「read more...」でどうぞ。


何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓

sindbadbookmarks.com GIX
にほんブログ村 ファッションブログ メンズ下着へ にほんブログ村 大人の生活ブログ フェチへ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクマイ・嗜好情報へ


category
性の嗜好

肛門愛好(アナルフェチ) ~その1

肛門愛好(アナルフェチ)(1)

肛門、エイナス(アヌス)、アナル尻の穴菊門・・

以前に書いた記事「小学生の頃~SMと肛門への目覚め」「中学生の頃~初めての射精」のような体験を経て、肛門(以下、アナル)への執着が20代後半からますます強くなっていった。
女性のアナルに執着するだけじゃなく、自分のアナルにいろんなものを入れたいという欲求が膨らんだ。

液体やジェル状のもの、固形物など、身の回りにあって考えられるものは何でも入れた。
水、石鹸水、酒、ヨーグルト、ゼリー、バナナ、ソーセージ、茄子、ペットボトル・・・
お腹がパンパンになるまで入れたくて、シャワーホースから2リットルくらいお湯を入れたこともあった。

肛門愛好(アナルフェチ) (3)

アダルトグッズもたくさん買った。
アナルストッパー、ディルド拡張グッズなど。
その中に「サンダン」という拡張グッズがあった。

「サンダン」は、3つのバルーンが付いたディルドエネマ用ポンプが合体したもの。
挿入した後に前後のバルーンをポンプで膨らませて括約筋をがっちりグリップしたまま、真ん中のバルーンで括約筋を拡張する。
これを装着したまま服を着て、興奮しながらレンタルビデオ屋に行ったこともあったっけ。

それでもアナルへの欲求が止むことはない。
もっと広げたい、拡張したいという欲求と奥深くまで挿入したいという欲求がエスカレートする。
アナルフィストという到達点を目指して・・

肛門愛好(アナルフェチ)(2)

続きは、またの機会に。


<参考>
サンダンME | | 本格SMグッズ通販ショップ セビアンonline
PC版サイト
スマートフォン版サイト

【注意】
上に書いた行為の中には非常に危険なものも含まれますので、真似しないようにしてください。



何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓

sindbadbookmarks.com GIX
にほんブログ村 ファッションブログ メンズ下着へ にほんブログ村 大人の生活ブログ フェチへ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクマイ・嗜好情報へ
category
性の嗜好

中学生の頃~初めての射精

中学生の頃(1)

中学生の頃のオナニーはもっぱら浴槽の中だった。
湯船に浸かったまま、お湯を手で股間に一所懸命当てて刺激するというやり方。

以前の記事「ビキニフェチの目覚めとオーガズム」に書いたプールでのオナニーの影響だけど、今思えばかなり滑稽な姿。
竿をシゴくという一般的な方法すら知らなかったウブな時代。

いつものようにそんなやり方で絶頂に達した時、竿の先端から白いものが・・
湯船の中で煙がたったかのように精液がゆらゆらと漂う。

「これが精子なんだ・・」

特に驚くこともなく、それをぼんやりと眺めていた記憶が残っている。

中学生の頃(3)

当時は今のようにネットで簡単にエロ画像を見られる環境などなかった。
かといってエロ本を買う勇気もなく、もっぱらお世話になっていたのが「スクリーン」という映画雑誌。

その内容の一部にポルノ映画の記事が毎号数ページあった。
女性の裸や水着姿に興奮していたわけだけど、衝撃的だったのが「カリギュラ」という映画の記事。

ストーリーはほとんど憶えていないけど、ある場面の描写がそれからずっと記憶に残った。
それは、男が肛門に拳を突っ込まれるというもの。
いわゆるアナルフィスト

そんなこともあり、小学校の時に芽生えた肛門への執着とSM的行為への欲求がエスカレートした。

中学生の頃(5)

当時よくやっていたのが、パンツの脇とお尻の部分を極限までねじり上げて安全ピンで留め、股間とお尻の割れ目をきつく拘束するというもの。
簡易ボンデージ、Tバックショーツ。

さらにスプレーを肛門に噴射して肛門が熱くなる刺激を加えて興奮していた。
今考えてもかなり変態的な行為だけど、それだけ行き場のない性欲を吐き出したいパワーがみなぎっていたんだと思う。

だから、仲のよい男友達の家でプロレスもどきの事をしていた時、一瞬ムラっときたのも不思議じゃない気がする。
その時は何もなかったけど。


「read more...」の画像にはモザイクをかけていますが、性器とアナル画像なので嫌悪感のある方はご遠慮ください。


sindbadbookmarks.com
にほんブログ村 ファッションブログ メンズ下着へ にほんブログ村 大人の生活ブログ フェチへ にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクマイ・嗜好情報へ

category
性の遍歴