Entry Navigation

iSwimの生地いろいろ


最近、「iSwim Fashion」の下着水着に狂ってる。

思い起こせば、PARADOG(パラドッグ)、AQUADRESS(アクアドレス)、TYLERBOLD(タイラーボールド)など、今までにも僕を狂わせ、爆買いさせられたメーカーがあった。

そんな素敵なメーカーが魅力的な商品を生み出し続けてくれるおかげで、僕の性欲は刺激され、元気に生きて行けると言っても決して大袈裟じゃない。


今までは国産にこだわっていた。
品質が良く、デザイン性に優れ、僕好みの小さいサイズに対応しているのがその理由。

そんな僕の琴線に触れる商品を出している海外メーカーに出会った。
それが「iSwim Fashion」。
親しみを感じる台湾という国のメーカーだったことは、偶然じゃない気がする。


iSwimの生地いろいろ_20190510


iSwimにはいろんな種類の生地があるので、好みのものを選ぶ過程がとても楽しい。

どの生地も試してみたいし、それぞれの生地にたくさんの色が用意されているので、選ぶのにすごく迷う。

水着の時は、いろんなデザインを試してみたくて、一つの気に入った生地で5つの異なるスタイルのものを購入した。

今回は、一番好きなスタイル(19u3009-Y1)を決め、7つの異なる生地を選んでオーダーしてみた。
選んだ生地は以下の通り。

銀纖維A-SWH鮮白 (白、銀繊維混紡)
銀纖維B-GRY灰色 (グレー、銀繊維混紡)
透明立體條紋-WHT白色 (白、透けストライプ)
超柔薄花色-BJN藍色牛仔 (紺、デニム風)
超柔薄緹花2-BPG粉橙 (ピンク、極薄)
超柔薄絲光A-WHT白色 (白、シルキー)
半透明壓紋-BPT黑色蟒紋 (黒、蛇柄)


僕は、ビキニフェチであると同時に生地フェチとも言える^^
薄くて柔らかい生地の触感や、生地とゴムが混ざった匂いだけでオナニーのネタになるから(*^^*)


やっぱり、フェチっていいなぁ~♪




何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


category
ビキニについて

iSwimの「14s181 nudist G pouch full back swim briefs」


iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_07


iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_08


iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_09


iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_10


iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_11


iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_12


iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_13


iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_14


記事「iSwim swimwear(水着)を5パターン着用してみた」で紹介した5枚の水着の中で最も布の面積が大きいスタンダードタイプのビキニ
初めて裏地も付けてみた。

普段、極めて小さいビキニばかり穿いてる僕の感覚だと、すごく大きなパンツに感じる。
一般的な人(ボクサータイプが当たり前の人)にとっては、じゅうぶん小さいビキニなのかもしれないけど^^

この水着なら、どこのプールや海だって、どこの誰と行ったって平気。
ちょっと派手で鮮やかなボタニカル柄だけど、紺と色の配色がシックで落ち着いた雰囲気を作ってくれる。
布の面積が大きいぶん、柄が良く出てオシャレ。

そんな優れモノの一枚だけど、果たして僕に穿く機会があるかどうかは不明。
独りで行く時はもっと肌の露出が多いデザインを間違いなく選ぶからね(*^^*)


Mサイズにするつもりだったのに、間違えてSサイズにしちゃったから、ちょっとキツくてハードな穿き心地になってしまった^^;



iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_01  iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_02

【商品名】
14s181
nudist G pouch full back swim briefs

Color: P印花-FBL藍花 (紺ボタニカル柄)
LINING: 有內裡 w/ lining (裏地あり・紐なし)
Size: S

【生地】
印花 printed

iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_03  iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_04

【特徴】
Design: Bulge pouch
Style: Full back (swim)
Rise: Ultra Low
Sides: 3.0cm ± 0.1cm
Made: Taiwan

【価格】
NT$1,019
NT$(ニュー台湾ドル)≒3.6円で計算すると約3,670円。
iSwim Fashionの公式サイトで購入。(中国語、英語に対応)
注文してから5日後に出荷。
注文してから12日後に配達。

iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_05  iSwimの14s181ボタニカル紺_20190506_06




何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


category
水着_iSwim Fashion

iSwimの「17u1009-A1 U-type pouch tanga in comfort GEA/CMA」


iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_01  iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_02

【商品名】
17u1009-A1
U-type pouch tanga in comfort GEA/CMA

Color: CMA-OLV,迷彩A-橄欖 (オリーブ色)
Size: M

iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_03  iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_04

【生地】
GEA/CMA fabrics

【特徴】
Sides: 1.5cm ± 0.1cm
Design: Fitted pouch
Style: Tanga
Rise: Super Low
Made: Taiwan

iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_05  iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_06

【価格】
NT$534(VIP価格)
NT$(ニュー台湾ドル)≒3.6円で計算すると約1,920円
iSwim Fashionの公式サイトで購入。(中国語、英語に対応)
注文してから7日後に出荷。
注文してから13日後に配達。

iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_09  iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_10

iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_07  iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_08


ビキニを選ぶ時、穿いた状態の見た目や穿き心地がいいことはもちろんだけど、それに加えて平置きした時の見た目がいかにセクシーかが、僕にとって選ぶ際の大きなポイントになる。
このビキニは、そんなポイントに惹かれて購入した。

シンプルでセクシーな逆三角形のフォルムに加え、何とも言えないオリーブ色とちょっと個性的な風合いの生地に惚れた。
iSwim Fashion下着は、まだ紹介していないものも含めてたくさん購入したけど、全く同じものを2枚購入した数少ない商品。

フロントの膨らみは控え目に見えるけど、生地の伸びがいいせいか、思ったより股間をゆったりと包んでくれる。
上向きと下向きの両方いけるけど、僕は上向きがしっくりくる。
上向きの時は、ちょっと前方に突き出し気味になる。

このデザインならどこへ穿いて行っても恥ずかしくない。
TPOを選ばないとてもオシャレで優れモノな一枚(^_^)



iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_11
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_12
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_13
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_14
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_15
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_16
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_17
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_18
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_19
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_20
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_21
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_22
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_23
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_24
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_25
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_26
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_27
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_28
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_29
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_30
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_31
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_32
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_33
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_34
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_35
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_36
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_37
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_38
iSwimの17u1009-A1迷彩オリーブ_20190428_39



何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


category
下着_iSwim Fashion

Transparent briefs (透明ビキニ) ~今年9度目の日焼け


日焼け_20190511_01


ここ数年、日焼けする時に苦労していることがある。

僕にとって日焼けそのものを楽しむという目的と同じくらいに重要なのが、体にビキニ日焼け跡をつけるということ。
それは、裸の時でもビキニを穿いていられるということを意味する。

だから、日焼け跡は、あたかもパンツを穿いていると見間違うくらいにハッキリくっきりついているのが理想。
でも、なかなか上手くいかない。

日焼けはワンシーズンに一度きりというわけではないので、毎回日焼け跡がずれないように慎重に水着を着用する。
それでも、場所によっては日焼け跡のラインがぼやけてしまう。
それが顕著なのがへその下(竿の上)。

体の動きで水着がずれやすいせいか、水着の生地が薄いせいか、とにかくその部分の水着のラインがぼやけた跡になってしまう。(上の写真のように)

そこで、ちょっと考えた。
そうだ!テープを貼ろう!
テープを貼ればずれることはないし、日光を遮断してくれる。
ということで、マスキングテープを買ってみた。
160円也。

日焼け_20190511_03  日焼け_20190511_04


早速使ってみた。

日焼け_20190511_02

さて、どうなるかな・・

日焼け_20190511_05

おっ、いい感じ♪

日焼け_20190511_06

ん? あれれ?・・

日焼け_20190511_07

変なラインになっちゃった・・


もう一度やり直し。

日焼け_20190511_08
日焼け_20190511_09
日焼け_20190511_11
日焼け_20190511_12
日焼け_20190511_13
日焼け_20190511_14
日焼け_20190511_15


やった! 綺麗にできた♪
これぞ、ビキニフェチの為せる業(^_^)v
欲を言えば、水平な真っ直ぐのラインにしたかったけど。

こんなことに喜びを感じられるなんて、つくづく平和な奴だなぁと思う^^
ビキニや日焼けに関心のない人にとっては、「お前、アホか!」って感じだろうなぁ^^;

ということで、今年9度目の日焼け完了。
やっと、透明パンツらしくなってきた(^-^)


日焼け_20190511_16

日焼け_20190511_17

日焼け_20190511_18

日焼け_20190511_19

日焼け_20190511_20

日焼け_20190511_21

日焼け_20190511_22

日焼け_20190511_23

日焼け_20190511_24

日焼け_20190511_25


さて・・
銭湯で見せびらかして来ようっと(*^^*)




何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


category
日焼け

iSwimの「15u575 NUDIST string extreme low rise bikini brief」


iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_09
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_10
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_11
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_12
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_13
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_14
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_15
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_16
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_17
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_18
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_19


これなら、位置的に・・


iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_20
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_21
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_22
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_23
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_24
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_25
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_26
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_27
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_28
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_29
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_30


穿いたまま出来るよね(*^^*)


iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_31
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_32
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_33
iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_34


真っ赤を身につけると心も体も燃える♪



iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_35


Jockstrap(ジョックストラップ)とも言えるし、Oバックビキニとも言える特徴的なリアスタイル。

これを穿くのは・・
やっぱりエッチ全開モードの時かな(*^^*)




iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_01  iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_02

【商品名】
15u575 NUDIST 性感 極限 低腰 囊袋 激凸 內褲 string extreme low rise bikini brief

Rear: ub1312-後空型提臀內褲[100] (Oバック)
Colour: 幾丁馬卡龍1-RED紅色 (赤)
Size: M

iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_03  iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_04

【特徴】
Sides: 1.5cm ± 0.1cm
Design: Bulge pouch
Rise: Extreme Low
Made: Taiwan

iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_05  iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_06

【価格】
NT$750(650+オプション100)
NT$(ニュー台湾ドル)≒3.6円で計算すると約2,700円。
iSwim Fashionの公式サイトで購入。(中国語、英語に対応)
注文してから9日後に出荷。
注文してから15日後に配達。

iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_07  iSwimの15u575_Oバック赤_20190428_08




何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


category
下着_iSwim Fashion

iSwim swimwear(水着)を5パターン着用してみた


iSwim Fashion水着を5枚購入。

iSwimの水着ボタニカル紺_01  iSwimの水着ボタニカル紺_02


生地はすべて同じ「P印花-FBL藍花」。
気に入った商品を2枚買うことはあるけど、同じ色柄の生地で5枚ものビキニを買うのは初めてのこと。

とてもお気に入りの生地なので、いろんなパターンを試してみたくて、デザイン、スタイル、サイズ、オプションなどに変化をつけて選んでみた。

それぞれ一枚ずつ紹介していきたいと思ってるけど、買った本人でさえどんな水着があったかわからなくなりそうなので、前後の見た目と仕様をまとめてみた。

特徴的なところは青字で。



11s054
iSwim11s054_01  iSwim11s054_02
サイズ : S
デザイン(前) : バルジタイプ フルシーム(mini nudist pouch
スタイル(後) : ハーフバック(brazilian mini back
サイド幅 : 1.5cm
その他 : 裏地無し


11s088  →過去記事で紹介済み
iSwim11s088_01  iSwim11s088_02
サイズ : M
デザイン(前) : ハーフシーム(smooth pouch)
スタイル(後) : ハーフバック
サイド幅 : 1.5cm
その他 : 裏地無し


14s316-7118
iSwim14s316_01  iSwim14s316_02
サイズ : S
デザイン(前) : バルジタイプ フルシーム(mini nudist pouch)
スタイル(後) : ローライズハーフバック(sb7118-極限低腰小三角)
サイド幅 : 1.5cm
その他 : 裏地無し


13s304-7118
iSwim13s304_01  iSwim13s304_02
サイズ : S
デザイン(前) : フルシーム(Fitted pouch)
スタイル(後) : ローライズハーフバック(sb7118-極限低腰小三角)
サイド幅 : 1.5cm
その他 : 裏地無し、前面スティッチ有り


141s181
iSwim14s181_01  iSwim14s181_02
サイズ : S
デザイン(前) : バルジタイプ フルシーム(nudist G pouch)
スタイル(後) : フルバック
サイド幅 : 3.0cm
その他 : 裏地あり



大きなパターンの柄なので、カットによって柄の出方が違って面白い。

着用前に気になっていた点について以下に記載。

<サイズについて>

腰囲93センチの僕が穿いた時の感想は、
Sサイズ→結構きつい
Mサイズ→きつめ
サイズチャートでの僕の適応サイズはXXLだから、きつくて当たり前^^
水着はきついのが好きなので、SとMのどちらでも選択肢としてはありなレベルのサイズ。

ただ、一番下に掲載したような面積が大きめ(脇幅3cm、フルバック)の水着は、Sサイズだとかなりハードに肉に食い込んでしまうので、Mサイズを選んだ方が良かった。
きついだけならまだいいけど、皮下脂肪が多めの僕だと、はみ出した肉や水着の形状がいびつになってしまうから。
僕の竿と玉は、平常時にかなり小振りなサイズなので、水着の膨らみ部分か弛むのはいやだなぁと思いSサイズにしてしまった。

<前面のシームについて>

股間の収まり感が気になる僕は、基本的にシームレス(継ぎ目なし)は選ばない。
ただ、柄を綺麗に見せるにはシームが無い方がいいと思い、ハーフシーム(フロント下部だけ継ぎ目あり)を選んでみたけど、このような柄では継ぎ目があっても良かった。
ストライプのようにシームの有り無しで見た目の印象がかなり変わる場合は別にして、僕は股間の収まりがいいフルシームがいい。

<バックスタイルについて>

プールや海のいろんなシチュエーションに対応可能で、出来るだけセクシーなデザインの水着にしたいという考えから、バックスタイルはハーフバックを好む。
ただ、iSwimのハーフバックは、逆三角形より少しえぐれた(露出が多い)ラインなので、フルバックとハーフバックの中間くらいがいいのになぁと思っていた。
そんな僕の好みにぴったりだったのが「ローライズハーフバック(sb7118-極限低腰小三角)」。
このラインが一番好き。
お尻の割れ目上端が露出するのも僕好み。


以上の結果より・・
エッチな気分全開の時は、「11s054」(1つ目)か「14s316-7118」(3つ目)。
それなりに楽しみたい普段使いには、「13s304-7118」(4つ目)。
エロチックな雰囲気が憚られるシチュエーションでは、「141s181」(5つ目)。
残りの「11s088」(2つ目)は、日焼け用って感じかな。

たかが男の水着、されど男の水着。
こんなにのめり込んでしまえるフェチな自分は幸せだと思う(^_^)v


それぞれの水着に関する記事は、追々アップしていきます。




何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


category
水着_iSwim Fashion

iSwimの「19u1017-U1 U-cut pouch smile U-type half back」


iSwimの19u1017-U1青_20190427_11

iSwimの19u1017-U1青_20190427_12

iSwimの19u1017-U1青_20190427_13

iSwimの19u1017-U1青_20190427_14

iSwimの19u1017-U1青_20190427_15

iSwimの19u1017-U1青_20190427_16

iSwimの19u1017-U1青_20190427_17

iSwimの19u1017-U1青_20190427_18

iSwimの19u1017-U1青_20190427_19

iSwimの19u1017-U1青_20190427_20

iSwimの19u1017-U1青_20190427_21

iSwimの19u1017-U1青_20190427_22

iSwimの19u1017-U1青_20190427_23

iSwimの19u1017-U1青_20190427_24


iSwim Fashionにはバルジタイプ(もっこりタイプ)以外にも素敵なビキニがたくさんある。
これもその一つ。

iSwimでは「Fitted Pouch」と呼ばれるフルシームタイプの下着で、生地はお気に入りの「幾丁馬卡龍(4way CTM fabric)」をオプションで選択。
色は、青(CTM-BLU,幾丁-藍色)にしてみたんだけど、これが大正解。
目にも鮮やかな青がとても気に入った。

スタイルは、商品名にもあるとおり、フロントが「U-cut pouch」、バックが「Smile U-type half back」。
特にバックスタイルが特徴的で、お尻の割れ目に沿って布地が窪むようにデザインされている。

同様のデザインが、水着の説明書きに「Smile line cutting」として紹介されていたので、この窪みのことをどうやらsmile lineと呼ぶようだ。
商品紹介のモデル着用写真はもっとカッコ良かったんだけど仕方ない^^;


iSwimの19u1017-U1青_20190427_25

iSwimの19u1017-U1青_20190427_26

iSwimの19u1017-U1青_20190427_27

iSwimの19u1017-U1青_20190427_28

iSwimの19u1017-U1青_20190427_29

iSwimの19u1017-U1青_20190427_30

iSwimの19u1017-U1青_20190427_31


最近はバルジタイプを穿くことが多いので、下向き(前向き?)に慣れてしまったけど、久しぶりに上向きの良さを再認識。
フルシームなので、上向きポジションでもぴったりとフィットして気持ちいい♪

生地は柔らかくてよく伸びるので、元気になってもはみ出すことなく密着してくれる。
先日紹介した「19u3009-T1 magic bulge 8mm string thong」と同じ生地なのに、スタイルが変わるとここまでかわるのか!?というくらいソフトな穿き心地に仕上がっていた。

あまりに気持ちいいので、珍しく先走りで粗相してしまった(*^^*)


iSwimの19u1017-U1青_20190427_32

iSwimの19u1017-U1青_20190427_33

iSwimの19u1017-U1青_20190427_34

iSwimの19u1017-U1青_20190427_35


この色は夏の日差しに良く似合いそうなので、ビーチで穿きたい衝動に駆られる。
この色の水着も買っちゃおうかな・・

もうほとんど病気だ。

iSwim病(笑)



iSwimの19u1017-U1青_20190427_01  iSwimの19u1017-U1青_20190427_02

iSwimの19u1017-U1青_20190427_03  iSwimの19u1017-U1青_20190427_04

【商品名】
19u1017-U1
U-cut pouch smile U-type half back
Color: other fabric/color,其他材質/顏色[50]
CTM-BLU,幾丁-藍色 (青)
Size: M

【特徴】
Sides: 1.5cm ± 0.1cm
Design: Fitted pouch
Style: Smile half back
Rise: Super Low
Made: Taiwan

iSwimの19u1017-U1青_20190427_05  iSwimの19u1017-U1青_20190427_06

【価格】
NT$613(VIP価格NT$563+オプションNT$50)
NT$(ニュー台湾ドル)≒3.6円で計算すると約2,210円。
iSwim Fashionの公式サイトで購入。(中国語、英語に対応)
注文してから7日後に出荷。
注文してから13日後に配達。

iSwimの19u1017-U1青_20190427_07  iSwimの19u1017-U1青_20190427_08

iSwimの19u1017-U1青_20190427_09  iSwimの19u1017-U1青_20190427_10



何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


category
下着_iSwim Fashion

iSwimの「11s088 smooth pouch half back swimming bikini」


iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_07

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_08

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_09

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_10

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_11

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_12

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_13

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_14

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_15

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_16

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_17

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_18

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_19

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_20

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_21

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_22

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_23

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_24

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_25

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_26

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_27

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_28

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_29

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_30

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_32


iSwim Fashionのサイトにある全ての水着に目を通し、吟味を重ねて選んだ3枚の中の一枚。
濃紺に白のボタニカル柄がとても気に入って、同じ生地でデザインが異なる2枚を購入。

iSwimの水着は初めてだったので、サイズ感を確かめたくて、MサイズとSサイズをそれぞれ注文してみた。
このビキニはMサイズ。
実際に穿いてみた時の着用感は、弛まず、弛過ぎず、ぴったりフィット。
Mサイズで正解♪

もう一枚のSサイズについてはまた別の記事で紹介するけど、それはそれで正解だった。
平置きした時の見た目も明らかにSサイズが小さく、締め付け感は明らかにSサイズの方が強い。
ローライズ加減や股間の膨らみ具合、バックのデザインによっては、Sサイズだと小さ過ぎることもありそう。

今回注文した3枚のうち、2枚をMサイズ、1枚をSサイズにしたけど、たまたま3枚ともちょうどいいサイズだった。
こういう時は勘が冴えるんだよな~。
さすがbikinist!と自画自賛(笑)

早く夏の海でこれを穿いて戯れたい(*´ω`*)



ちなみに、水に濡らしてみると・・


iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_33

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_34

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_35

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_36

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_37

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_38

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_39

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_40

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_41


色柄のせいもあるけど、思ったほど透けない。
裏地なしでも大丈夫(^_^)v
この透け具合なら、プールや海でも大丈夫そう。



それにしてもたくさん撮ったなぁ^^;
どれだけ気に入ったかが一目瞭然。
次はどれを注文しようかとすでに考えてる自分は、つくづくパンツフェチだと再認識(笑)

フェチって幸せだよね♪



iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_01  iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_02

【商品名】
11s088
smooth pouch half back swimming bikini

Color: P印花-FBL藍花 (紺ボタニカル柄)
LINING: 無內裡 w/o lining (裏地なし・紐なし)
Size: M

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_03  iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_04

【生地】
印花 printed

【特徴】
Design: Smooth pouch
Style: Half back (swim)
Rise: Ultra Low
Sides: 1.5cm ± 0.1cm
Made: Taiwan

【価格】
NT$880
NT$(ニュー台湾ドル)≒3.6円で計算すると約3,170円。
iSwim Fashionの公式サイトで購入。(中国語、英語に対応)
注文してから8日後に出荷。
注文してから15日後に配達。

iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_05  iSwimの11s088ボタニカル水着_20190421_06




何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


category
下着_iSwim Fashion

日焼け(今年2度目)


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_01


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_02


今日の福岡は、最高気温23度の晴れ。
昨日から暖かくなり、散りかけの桜が風に舞う気持ちの良い週末だった。

でも、僕にとっては桜よりこっち^^
こんな陽気になると、日焼けしたくて居ても立ってもいられなくなる。


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_03


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_04


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_05


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_06


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_07


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_08


今年の日焼けビキニはコレに決まり♪

水着選びのポイントは、脇が細すぎず、ローライズ過ぎず、ビキニらしい日焼け跡になること。
後ろ側は、割れ目上端を覗かせつつ、お尻を丸く見せてくれるようなハーフバックで綺麗な逆三角形を描きたい。(水着にどんだけこだわるんだ *^^*)


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_09


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_10


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_11


僕にはちょうど良いサイズ感で、ハーフシームだから股関の収まりもグッド。
何よりRIO&Brazilの柔らかですべすべの生地が気持ちいい♪

お尻の露出が少し多めだけど、これならファミリープールでも大丈夫な気がする。

まだ日差しが弱くて焼けにくいけど、今のうちに下地を作っておいて、夏本番にはジリジリ焼きたい(^∧^)


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_12


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_13


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_14


CARNIVALの水着RIO&Brazil-1175_20190407_15




何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


category
水着_CARNIVAL

2019年の日焼け初め


2019年日焼け初め_20190321_01

2019年日焼け初め_20190321_02

2019年日焼け初め_20190321_03

2019年日焼け初め_20190321_04

2019年日焼け初め_20190321_05

2019年日焼け初め_20190321_06

2019年日焼け初め_20190321_07

2019年日焼け初め_20190321_08

2019年日焼け初め_20190321_09

2019年日焼け初め_20190321_10

2019年日焼け初め_20190321_11

2019年日焼け初め_20190321_12

2019年日焼け初め_20190321_13


今日の福岡の最高気温は22度で、日向に居ると汗ばむほど。
どうやら桜も開花したらしい。

突然の陽気に日焼けしたい病を発症してしまった。
今年の日焼け用ビキニをどれにするか決めてなかったので焦ってしまい、とりあえずこれをチョイス。

TopModeJapanの「メンズ・エスニックフルシームハーフバック水着」

本当は、もう少し脇幅が広い水着でビキニらしい形の日焼け跡にしようと思ってたんだけど、箪笥の奥のコレクション缶にしまいこんでたので、家族の前で引っ張り出すわけにもいかず・・
CARNIVALの「ヒモ無しSWIM(メンズ水着)RIO&Brazil-1175」

日焼け用のビキニは、そのシーズンを通して同じものを穿かないと綺麗な日焼け跡にならないから、ビキニ選びはいつも迷う。
始めに大きめのビキニでつけた跡なら、後で小さなビキニで跡をつけ直すことも出来るんだけど・・
でも、小さなビキニを穿いた時に大きめのビキニでつけた日焼け跡がはみ出すのもイマイチだし・・

迷った末、結局小さめのビキニにした。
まだ日差しも弱いし、たいして焼けないはずだから、次回まで悩めばいいやと思ったんだけど・・
幸か不幸か、お尻に日焼け跡が割りとくっきり。

う~ん、ますます迷ってしまう^^;



2019年日焼け初め_20190321_14

2019年日焼け初め_20190321_15

2019年日焼け初め_20190321_16

2019年日焼け初め_20190321_17

2019年日焼け初め_20190321_18

2019年日焼け初め_20190321_19




何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


category
日焼け