男娼と男色の歴史


江戸文化から見る男娼と男色の歴史_20191129


面白い本を見つけた。


『江戸文化から見る男娼と男色の歴史』 安藤優一郎 監修

   株式会社カンゼン  定価 1,700円(税別)


江戸時代には、男色は世間的にタブーではなく、異端視されることはなかったらしい。
女娼と同じように男娼も存在し、バイセクシャルが公然となっていた。

いい時代だね(^_^)


挿し絵の春画もたくさん楽しめるのでオススメ♪




何かを感じたり、共感いただけた時は
1クリックお願いします。
 ↓


sindbadbookmarks.com GIX


関連記事
category
未分類

Comment

寵愛

おはようございます。
僕も何かの本で読んだ事があります。
良い時代ですよね。
何のわだかりもなく、公然と男同士でも楽しめたらしい。
因みに、その前の、戦国時代も、戦場には女を連れていけないので
小姓を連れて行き、夜の相手をしたらしい。
織田信長も、森蘭丸と言う小姓を愛したらしい。でも
屋敷に帰れば、正室もいて、子供もいた。
伊達正宗や武田信玄もそうですが、特に信玄はこよなく小姓を愛した
らしい。
小姓同士でも、殿様の寵愛を受けるため、しのぎを削ったらしい。
刃傷沙汰の事件もあったらしい。
  • 2019⁄11⁄29(金)
  • 10:13

お疲れさま!

森 蘭丸の件、先コメされてた~(≧口≦)
コメ仲間同士、価値観が似ているからね(笑)
心ある変態(・∀・)人(・∀・)ナカーマ‼
  • 2019⁄11⁄29(金)
  • 15:36

こんばんは。

イイ時代はイイ時代でも、エロが犯罪で無くなって欲しいっすね。

エロを、やり放題、やりたいっすね。


草なぎ剛くん、また、SMAPを、結成して欲しいっすね。

SMAPのキャプテンって、

草なぎ剛くん、

香取慎吾くん、

中居正広くん、

誰だったかな??

世界に一つだけの花、あの歌は、子供から年寄りまで、人気抜群で、大ヒットしたっすね。



  • 2019⁄11⁄29(金)
  • 19:16

おはよう

本、読まないな…
読むと楽しいんだけど、最初の一歩が出ない。
本を読む人が凄い人に見える。
  • 2019⁄11⁄30(土)
  • 03:46

Re: 寵愛

黄色い部屋さんへ

おー、お詳しいですね( ゚д゚)
以前オフ会をした時に、既婚の隠れバイセクシャルがあまりにも多いことに驚きました。
もともと多かったんですね、ナットク!
  • 2019⁄11⁄30(土)
  • 15:21

Re: お疲れさま!

変態主婦さんへ

変態が実は普通なんじゃないかって思える(^_^)
こういう価値観って、実生活じゃなかなか共有てきないよね。
  • 2019⁄11⁄30(土)
  • 15:26

Re: タイトルなし

マルコメ大好きさんへ

草彅君が最近コンサートやったって記事見ました。
その歌、僕も好きです(^_^)
  • 2019⁄11⁄30(土)
  • 15:33

Re: おはよう

まぁさんへ

実は僕もほとんど読まない。
タイトルにつられて久しぶりに読みました^^
  • 2019⁄11⁄30(土)
  • 15:37

Trackback

http://bikinist1970.blog.fc2.com/tb.php/1809-74bec7fc