自分のクローンを犯したい

自分のクローンを犯したい(1)

もし自分のクローンがいたなら、そのクローンを相手にセックスしたいと思う。
これって究極のナルシストってことかな。

自分のカラダやビキニ姿に性欲を掻き立てられるのは事実。
自分を相手に、あらゆる行為の限りを尽くして性欲を満たすことを妄想する。

ノーマルな性欲しか無い人にはとても理解できない話だと思うけど、素直な感情だから仕方ない。

自分のクローンを犯したい(2)

罪悪感や後ろめたさは無く、むしろ色んな性的嗜好を持っていることに感謝してる。
自分にとって性欲は、生きる糧みたいなものだから。
死ぬまで色んな事をして楽しみたい。

一つ自分でわからないのは、自分を「犯したい」とは思っても、自分から「犯されたい」とは思わないこと。
「犯される」のは、他人からじゃないと萌えない。
この心理が説明できる人がいたら教えてください。

写真は、PARADOGの(パラドッグ)の下着


にほんブログ村 ファッションブログ メンズ下着へ sindbadbookmarks.com


関連記事
category
性の嗜好
tag
セックス
ナルシスト
ビキニ
下着
パラドッグ

Comment

哲学?心理学ですか?

こんばんは~^^

いつもありがとうございますっ。出不精なので、なかなか来れずにすみません。

>自分を「犯したい」とは思っても、自分から「犯されたい」とは思わないこと。
>「犯される」のは、他人からじゃないと萌えない。

哲学のテストみたいな、心理学のテストみたいな感じですね。
ひっさしぶりに考えてみましたっ。

仮に、「犯す」を「汚す」に置き換えて考えてみたらどうでしょうか?

自分を汚してみたい。
でも、自分の分身からは汚されたくない。
汚されるのなら、他の人から汚されたい。

この心理の下に隠れているものは、「自分はとてもピュアで、きれいで、汚れていたくない」というものですよね。

自分が純粋で汚れていない自負がとても強い為に、自分の分身(この場合、鏡に映った仮の自分)から汚されるなんて嫌だ!という事になります。

結論から行くと、「自分を心から大切にしている」という事になります。

考察・・・

bikinisut1970さんは、これだけオープンにしても、これだけいろんな汚い世の中に在っても、これだけ汚い人間関係を見ても、自分の中の汚れさえ許さないという、半ば強迫観念のような物を感じます。

しかし、世の中、世界は汚物でまみれています。綺麗な部分もあります。陰があれば陽があるように。

その、陰の部分を真っ向から否定しているという事は、「俺は死んでも汚れたくねーんだよ!」という心の中の芯(魂)の表れでもあります。

bikinisut1970さんは、この世の中にあって、心のバランスを取る事に心を砕いていらっしゃるのでは?

そして、多分、このように分析、決めつけられる事を、心の底から嫌っていると考えます。

・・・ていうか、なんですか?この哲学的な、心理学的な設問のようなナゾナゾ!

哲学も心理学も答えが無いのが答えなので、自分が「これ!」という信じているものが答えになりますよね・・・。
(いくら数値で証明しても、直ぐに覆るのが心理学。正に悪魔の学問ですね・・・)

私は個人的に、心の中をOPENにされていらっしゃるbikinist1970さんは、すんばらしいと思っておりますっ。

ててて・・テストの採点、教授、お願いします・・・。
  • 2015⁄11⁄15(日)
  • 23:42
  • [edit]

Re: 哲学?心理学ですか?

selenetさんへ

考察ありがとうございます(^-^)

70点・・辛っ!
僕の顕在意識に汚したいという欲求はありません。
純粋に自分の体に欲情し、性欲の対象として行為を行いたいという欲求です。
その時は、女性を相手にする時と同じ状態だと思います。
ただ、「心から自分を大切にしている。」という結果はおっしゃる通りですね。
決めつけられるのを嫌ってるという考察も当たってます。
そんな自分をこれからもオープンにさらけ出していきたいと思ってます。
応援よろしくお願いします♪
  • 2015⁄11⁄16(月)
  • 08:14

私が犯してあげる…。

  • 2015⁄11⁄20(金)
  • 12:59
  • [edit]

Re: タイトルなし

るぅさんへ

逆襲するよ^^
  • 2015⁄11⁄20(金)
  • 19:34

ん、もう…(*-_-*)
  • 2015⁄11⁄20(金)
  • 19:44
  • [edit]

Trackback

http://bikinist1970.blog.fc2.com/tb.php/5-1bab3505